スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衰退しつつある産駒

昨日、今年もっとも活躍しそうな産駒についてお話をさせいて頂きました。

これから活躍していく産駒の陰には逆に衰退していく産駒もあるわけです。




2009年6月に亡くなったアグネスタキオンの産駒です。

ディープインパクト産駒が出てくるまでは、

2歳馬でのアグネスタキオン産駒の成績(勝率)1位を独占していました。

2歳馬の成績(順位は勝率)
    勝率  順位
2008年 15.0% 1位
2009年 16.0% 1位
2010年 15.8% 3位 ディープインパクト産駒2歳馬登場の年
2011年 17.0% 2位
2012年 9.7%  14位


亡くなる年に輩出した産駒の成績2012年は大幅に下げていますねえ。


関係者の中では、年老いた種牡馬からの種付けでは、

生命力がなくあまり種牡馬の力を受け継がないっと言われます。

これは科学的な根拠はありませんが・・・。


まあ、アグネスタキオンは11歳と比較的若く亡くなりましたが・・・。

データで示したようにアグネスタキオンが亡くなる前に輩出した産駒成績は悪いのは確かです。



他にもアグネスタキオン産駒に関しては早熟で怪我に悩ませらるという特徴があり、

2歳馬の成績は抜群に良いのですが、年を重ねるごとに衰退していく印象があります。


それでは、1年後の3歳馬の成績と比較して見てください。

3歳馬の成績(順位は勝率)
    勝率  順位
2009年 10.6% 4位
2010年 10.9%  6位
2011年 10.8% 4位 ディープインパクト産駒3歳馬登場の年
2012年  8.9% 13位
2013年  ?% ?位


2008年で2歳の馬の勝率は15%で産駒での勝率の順位は1位ですが、

その馬が3歳になった2009年の成績は10.6%で順位は4位です。

年を取ると他の産駒よりも順位を下げていきます。


このことから

2012年の2歳馬の成績があまりふるわなかったので、

2013年の3歳馬のアグネスタキオン産駒にはあまり期待はできませんねえ。


私のこの検証は当たるのか?

まあ、こんな感じで今年も色々と検証をしていきます。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

店長

Author:店長
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。