スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬記念で枠を有利に使えるのは?

最も枠順により注目したのが1枠のエイシンフラッシュではないでしょうか?


天覧レースの天皇賞秋では見事な日本ダービー以来の優勝で見事に復活!!

その立役者になったのが今回有馬でもエイシンフラッシュの背に乗るM.デムーロ



ウイニングランでは馬から降りて、ヘルメットを取り、片膝をつき、天皇・皇后両陛下に最敬礼したことで

大変賞賛されましたので、

M.デムーロとエイシンフラッシュのコンビの優勝に記憶に残っている方も多いと思います。


しかし、本来は馬が故障した場合を除き、競走後検量前にコース内で騎手が下馬することは禁止されています。

こんな形で馬から降りるのは違反なのですが・・・・。


まあ、天皇・皇后両陛下の前でJRAそのときはそんなチッチャイ事は言いませんでしたね。

場の空気を考えてくれたのでしょうかねえ。



まあ、それは今回は置いておき、エイシンフラッシュが天皇賞秋の時の通ったコースどりです。

ピッタリとインコースを通っていましたねえ。


中山芝2500ではコースを1周半しますので、

インに通った場合とアウトを通った場合の走破距離の差が天皇賞秋よりも長くなります。



インとアウトを通った時の走破距離の差を算出した私の無料レポート

馬が内と外を走った場合の距離の差は何メートル?
同じ距離のレースでも内と外を走るのでは馬の走破距離がこんなに違う!!!


そんなエイシンフラッシュはインを初めからつきやすい1枠からのスタートです。


もし、有馬記念でもM.デムーロがエイシンフラッシュを天皇賞秋のようなピッタリとインコースを通して行けば・・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

店長

Author:店長
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。