スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念では3歳馬が有利なのだが・・・。

ご存知ですか?

宝塚記念に3歳で出走する馬はかなり有利です。

3歳馬は古馬とのハンデで斤量53kgでの出走します。


他の馬(牡馬)との斤量差がなんと5kg。



1kgで1馬身違うと言われていますので、スタート地点から5馬身のハンデをもらっているのと同じ。

コール地点で5馬身離されたっとなればぶっちぎりの勝利ということですね。


そんなわけで5馬身のハンデをもらって入れば、他の馬とほぼ同等、いやそれ以下の走りをしたとしても

ぶっちぎりの勝利のはず!!


5kgのハンデはすごく有利なはずなのだが・・・。

しかし、過去のデータから見たら果たしてどうだろうか?



過去五年、宝塚記念に3歳で出走したのは、ウオッカとアサクサキングスの2頭。


その2頭の成績は、

ウオッカは牝馬ということで更にハンデをもらい、斤量51kgで出走したにも関わらず


結果は8位。


一方、アサクサキングスは15位でした。


ウオッカと言えば、宝塚記念の前のレースでは、牝馬にも関わらず日本ダービー馬に輝いていますし、

その後の活躍はみなさんもご存じのはず。


アサクサキングスに関しても、その後、すぐに菊花賞をとっていますし・・・。


2頭とも名馬であるのは間違いないのですが、

この時期に3歳馬が古馬と対戦するのは厳しいということなのでしょうか。



そうはいっても、

今回の3歳でただ一頭だけ宝塚記念出走するマウントシャスタは、

内枠で5kgの斤量差の馬が出走するとなれば、

無印にできないというのが心情ですね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

店長

Author:店長
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。