スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安田記念に出走する牝馬の扱いは?

安田記念は予想が非常にむずかしいと思います。


本来、一線級の馬なのだが勝てていない馬と重賞を勝ち負けしている馬、

それに加えて日本での実績がない海外馬が出走します。




それでは今回は安田記念での私の牝馬の扱いを述べさせていただきます。


安田記念に出走する牝馬は、ヴィクトリアマイル組の3頭

・ドナウブルー 2着
・マルセリーナ 3着
・アパパネ 5着


この馬たちが牡馬相手にどのようにレースをするでしょうか。


過去、10年で安田記念に出走した馬はのべで20頭

そのうち優勝したのは2回だけです。

それも、2回ともウオッカです。

あと、2着 1回、3着 1回です。


正直、牝馬で日本ダービー馬のウオッカをこれまでの牝馬と比較してはいけませんよねえ。

安田記念で牝馬の優勝は厳しいということです。


そう考えると今回の安田記念では、頑張っても1頭が限界かと・・。


それでは、今回出走する馬の3頭でどの馬が一番馬券に絡んでくるでしょうか?


まあ、名前だけで言えば、三冠牝馬のアパパネではないでしょうか?

おそらく名前だけで人気馬になると思います。

この馬は休み明けの1叩きしないと実力を発揮しない馬ということで休み明けのレースはおいと置いて

その1叩き後の前回のヴィクトリアマイルのレースを見てみます。



まず、逃げ馬の後ろにつく感じで、2番手として16ドナウブルーが終始楽な競馬をしています。

一方、あとの2頭は馬群の中で終始競馬をしています。


こちら競馬予想法研究工房 府中支部



次に最後の直線です。

ドナウブルーは最後の直線では馬群に囲まれないように外に出して楽に2着です

一方、アパパネとマルセリーナは馬群の中での揉まれながらの勝負をしています。


こちら競馬予想法研究工房 府中支部



アパパネとマルセリーナはほぼ隣合せで、前がふさがった状態になるのですが、

すぐに前ががら空きになります。


こちら競馬予想法研究工房 府中支部




その時の2頭の違いがでます。


アパパネはそこから伸びないのですが、マルセリーナはぐんと伸びています。


こちら競馬予想法研究工房 府中支部


このように苦しい状況で最後に伸びることができるマルセリーナが今回出走する牝馬の中では一番なのかと思います。


参考にして頂ければ幸いです。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

店長

Author:店長
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。