スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オークス有力馬の兄姉の活躍距離は?

今年のオークスでは

桜花賞組
ジェンティルドンナ
ヴィルシーナ

フローラS
ミッドサマーフェア

3頭が下馬評で優勢となっているようです。


もちろんこの3頭ともオークスでは2400と言う未知の距離を走ることになるのだが

距離の特性というものはどうだろうか?


今回は血統から見てみましょう。



それでは3頭の血統を見てみます。

血統にも色々な見方がありますが、今回は兄姉で比較してみます。


ジェンティルドンナ

ディープ産駒
母ドナブリーニ(父Bertolini)
全姉のドナウブルーは先週のヴィクトリアマイル2着
現在、兄姉はこの一頭だけ

全姉がマイルですし、ジェンティルドンナは血統的にはマイルってかんじでしょうか。


ヴィルシーナ

ディープ産駒
母ハルーワスウィート(父Machiavellian)
兄のファルスター(父ダンスインザダーク)は地方の1400~1500
現在、兄姉はこの一頭だけ

兄の父がダンスインザダークで中距離っということで、なんとなく距離特性は中距離ですかねえ。



ミッドサマーフェア

タニノギムレット産駒
母ストロベリーフェア(父Kingmambo)
兄のエメラルブライト(父ファンタスティックライト)は地方の1200~1800
姉のプリンセスストーム(父マリエンバード)ダートの短距離(未勝利)
兄のサンライズフェア(父シングスピール)ダート1800~2500

これまでの兄姉の産駒はマイナーですので、活躍できなかったということでしょうか?

一概には言えませんが、血統で有利と言えばこの馬のなのでしょうか?


血統で距離特性を知るには母馬の5代血統も参考にしなければなりませんが、今回は兄姉だけで比較してみました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

店長

Author:店長
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。