スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィクトリアマイルの前走(阪神牝馬S)の分析

ヴィクトリアマイルを前走として阪神牝馬Sを走った馬が9頭います。


阪神牝馬Sを分析してみます。

阪神競馬場芝1400で開催されたレースです。


実際のレース映像を見て私の分析を見ていただければ幸いです。


阪神牝馬ステークスの映像



G1馬には2キロの斤量を多めに背負ってレースをしています。
10番 マルセリーナ
16番 アパパネ


まず、4番キョウワジャンヌのスタート出遅れです。

先行馬のキョウワジャンヌに取って出遅れは致命的でこの時点で実力通りのレースは運べません。

そのことから着差ほど弱くはありませんが、その前の走りからでは・・・。


15番 クィーンズバーンが外枠からハナを切っています。

それ以降内々の経済コースを通ってのずっと逃げる展開でそのまま楽に1着でゴールしています。

着差ほどの強さはありません。


2着の10番 マルセリーナは終始外を通っての距離を走らせられた上に

最後から1着と同タイムクビ差で負けています。

また、マルセリーナは他の馬よりも斤量が2キロ重いと言うハンデもあります。

このことからこのレースで一番強い馬を挙げるとすればこのマルセリーナになります。


3着の7番 フミノイマージンは馬群の後方で待機して直線前で外に出しての追い込み。

早い上がりタイムです。展開によってはかなり期待できる馬です。

逆に言えば展開頼りというところもあります。


5着の2番 スプリングサンダーは内枠の有利を使っての内々で馬群の先頭を

かなり有利に運べたにも関わらず他の馬に差されていますのでヴィクトリアマイルのメンバーを

考えればこのレースの結果からでは好走は期待できません。


6着の6番 チャームポイントにつきましては、内で逃げ馬を見ながら先行という

この馬の脚質通りの展開で負けていますので、着順通りの実力かと。


7着の16番 アパパネにつきましては、休み明けの1叩きでの評価はやめておきましょう。

この馬は休み明けは調子が悪いのですが、その後のG1レースで好走しますので・・・。


8着、10着、12着の馬に関しては、ヴィクトリアマイルでは好走する期待薄なので省略します。



ヴィクトリアマイルの前走 阪神牝馬Sでの評価はこんな形になります。

? 16

10>>7>15>>> その他

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

店長

Author:店長
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。