スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のエリザベス女王杯に波乱はあるのか?

今週の日曜日は京都でエリザベス女王杯(G1)ですねえ。


エリザベス女王杯は毎年波乱があります。


実は最近で一番人気が勝ったのは2007年のダイワスカーレットくらいなのです。



特に印象に残ったのは2009年のエリザベス女王杯


覚えていますか?


その年にオークス馬となったブエナビスタが単勝1.6倍と圧倒的な人気を集めて、

このメンバーでは敵なしっと誰もが思われていたエリザベス女王杯!?


11番人気のクィーンスプマンテと12番人気のテイエムプリキュアが


まるで、2頭だけで走っているように気持ちよく大逃げ!!

あまりにも大逃げだったもので、どの騎手もいずれバテて下がってくるだろうと思っていたことでしょう?


他の馬は全く動かず!?


しかし、一向に逃げた2頭がバテる気配なし!?


最後のコーナーあたりでどの騎手も慌てて、鞭を叩いていました!?


特にブエナビスタに関しましては、上がり3F 32.9と言う見たこともないような鬼脚を見せるのだが・・・


後ろではゴタついていましたが、気持ちよく逃げた

11番人気のクィーンスプマンテと12番人気のテイエムプリキュアは、仲良くワン・ツーでゴール!?


私は新宿のWINSでこの模様を観戦していましたが、レース終了後、隣の全く知らないオッサンと目を合わせて驚いていました。


これは最後の直線が短い京都競馬場だからできた芸当でしょう!?


その後、エリザベス女王杯に優勝したクィーンスプマンテの活躍はありません。


京都競馬場の予想は難しいですねえ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

店長

Author:店長
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。