スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKマイルはデータ的には・・・

今週は東京でのG1 NHKマイルカップですねえ。


このNHKマイルカップのデータを見てみると

1番人気の馬が期待にこたえやすいレースです。


去年で言えば、

1番人気のカレンブラックヒルが颯爽と逃げ切ったのが印象的です。




過去5年を調べてみると

1番人気で優勝しなかったのは

2009年のブレイクランアウトだけです。

それ以外はすべて優勝しています。



私の印象では、NHKマイルカップは大穴をあける馬がいるっと認識していました。


それは2007年の17番人気のピンクカメオと優勝した事が頭にこびりついているからです。

レース当時雨だったのですが、それにもめげずに

ビショビショになりながらゴール前で観戦していました。


それはもう昔の事なのですね・・・・。

また、過去10年でも1番人気が5割の確率で優勝しています。


今年はどの馬が一番人気になるのでしょうか?



今年も逃げ馬が一番人気になるのでは?




もしかして、今年も

颯爽と逃げて優勝するっと言う展開ですかねえ??

それとも・・・・。
スポンサーサイト

天皇賞春 ゴールドシップはなぜ負けた?

先日の天皇賞春のゴールドシップの走りに

まだまだ、疑問が残っている研究員Kです。



一体何があったんでしょうかねえ?


厩舎の話では、

疲れた感じもなく、戻ってきてからもいつも通りカイバを食べていた。

っと言う事で、故障って事はないようで

宝塚記念にも望むそうです。




敗因として挙げているのは

「高速馬場」 としています。

もっと前のポジションにつけたかった。

どうしてもゲートがね。
前有利の馬場状態。器用に立ち回ったレース巧者が上位を占めた。
相手は自分の競馬をしていた。褒めるしかない。

っと語っています。


馬場の状態が非常に良かったと言う事ですね。




どれほど天皇賞春でスピードが出たのかを知るために

ゴールドシップが3000m以上走ったレースのラップをご覧ください。


          1000m 2000m
菊花賞(3000m)     1.00.9 2.02.1
阪神大章典(3000m)   1.01.2     2.03.3

天皇賞春(3200m)  59.4     1.59.7



こうやってデータを比較したら、

今回の天皇賞春がいかに速かったのかが分かります。


よくよく考えたら、

皐月賞では内の芝がボロボロでどの馬も避けているのに

その芝のボロボロの部分を敢えて通って

優勝してますからねえ。


天皇賞春でも雨が降ったりして道悪になっていたら・・・・・?




この検証は宝塚記念の馬券の参考になるかなあ・・・・。

天皇賞春から一夜明けて

また、やってしまいましたねえ。

圧倒的な一番人気のゴールドシップがまさかの凡走


去年のオルフェーヴルといい

天皇賞春は、どうなっているのでしょうか?

淀には、何か魔物でも住んでいるのでしょうか?







レース前のメルマガで

天皇賞春の展開予想を公開していました。


サトノシュレン、コパノジャングー当たりが逃げを打って、
それをじっと見る形でフェノーメノが逃げグループの後の先頭に立ち、
中団よりも後ろか、後方の位置にゴールドシップが構える形でレースは進むと思います。
おそらく伸びる馬場での開催だと思いますので、
3コーナーの登り位の早い位置から
ゴールドシップがスパートを掛けてくる・・・



他にも書いていませんでしたが

トーセンラーが内々で脚をためながら競馬をするとかも

色々と展開を予想していたのです。




最後の3コーナーでゴールドシップがスパートを掛けるまでは

私の思い描いていた展開だったので

安心してレースを見ていたのですが・・・・。



しかし、そのあとがビックリしでした!!

予想通りにゴールドシップがロングスパートを掛けたのはよいが

いつもの爆発力が全く感じられない!!!!


そのまま最後の直線でも延びる気配がない!!!!!!


あらら・・・




ほんとに競馬って何が起こるか分かりませんねえ。


今回のゴールドシップの走りを見る限り

どう考えても、いつも通りの能力を発揮しているとは思えませんでした

何か不調の原因はあったのでしょうか?

あったとしか考えられません。




しかし、レース前は

ゴールドシップ陣営 および 競馬関係者

ともに

今回のゴールドシップのデキを

べた褒めしていたのですがねえ。


まだ、昨日の競馬新聞を持っている方は見直してみてください。

どの記者もゴールドシップをべた褒めしているはずです。



これであなたも関係者のコメントが

いかにあてにならない事を悟って頂けたのでは?

天皇賞春の私の買い目

今回の天皇賞春の予想です。



私の予想展開としては、

サトノシュレン、コパノジャングー当たりが逃げを打って、

それをじっと見る形でフェノーメノが逃げグループの後の先頭に立ち、

中団よりも後ろか、後方の位置にゴールドシップが構える形でレースは進むと思います。



おそらく伸びる馬場での開催だと思いますので、

3コーナーの登り位の早い位置から

ゴールドシップがスパートを掛けてくる・・・・

っと予想しています。


この展開に、ハマル馬から馬券を選びました。






3連複 2軸固定での流し

6-8-(1,3,4,7,18)

5点

こんな馬券で勝負します。


さあ、今年の天皇賞春はシッカリと馬券ゲットできるかなあ・・・。

天皇賞春の予想のためのデータとは?

明日は天皇賞春ですねえ。

ゴールドシップはやっぱり人気ですねえ。


この一本被りの人気馬を

破ることができるのはどの馬でしょうか?

それとも他馬との力の差を見せてくれるのでしょうか?


どっちにしても

楽しみなレースである事には変わりがありませんねえ。




それでは過去10年の天皇賞春からデータを見てみましょう。

っと言いたい所ですが、

ココまで過去のデータを用いて傾向が無いレースは他には在りません。


脚質で言えば、どの脚質でも優勝していますし、

人気のありなしに関わらず優勝馬が出ていますし。


他にも

天皇賞春の京都競馬場芝3200の条件は、

天皇賞春以外に開催されていないく

どのデータもバラバラで傾向を示しません。



レース傾向およびコースの特性がまったくつかめないのです。



そのことから

天皇賞春の予想は

データに頼ることができません。



過去のレース映像等から

長距離ではどんな走りをするのかを推測して予想するしかありません。

アナログな予想法です。







ちなみに私のアナログでの予想での天皇賞春の成績と言えば、


さすがに去年のオルフェーヴルが

惨敗したレースでのおおハスれでしたが、


過去には

マイネルキッツとヒルノダムールの優勝は的中させています。



今回の天皇賞春もアナログな予想で

的中と行きたい所です。




明日の午前中に私の天皇賞春の買い目を公開します。

$こちら競馬予想法研究工房 府中支部-メルマガロゴ

最新記事
カテゴリ
プロフィール

店長

Author:店長
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。